アルゼンチン紀行 <その3>

3日目: 今朝は8 時の出発です。前日訪れたCIPSA社の契約養蜂家、マウリシオ氏に会う予定になっています。養蜂場は、ブエノスアイレスから南に約200KmのRanchos地区にあります。周辺はアルファルファ畑に囲まれていました。世界有数の肉牛生産国、アルゼンチンでは最高の牧草となるアルファルフアが、至るところで育てられています。養蜂家としては、これは大変恵まれた環境です。蜜源に囲まれているようなものですから!

アルファルファ.JPG

 <アルファルファの花が無尽蔵にある>

ヒマワリ2.JPG

<見渡す限りのヒマワリも蜜の元>

 マウリシオ氏は「定置養蜂」で巣箱を移動せず、一定の場所で採蜜を行います。巣箱の中で時間をかけることで完全に熟成された、糖度の高いハチミツが採集できるのです。日本ではとてもまねできない様な、地平線が見えるほど広大な土地と圧倒される蜜源植物の豊富さ。ミツバチにとってはこの上ない環境です。ミツバチはイタリアンビーです。とても穏やかなミツバチで生産性も高く、アルゼンチンではほとんどこの品種を使用しているそうです。

マウリシオ氏と.JPG

<マウリシオ氏と>

 採集法以外にも、日本と異なる点がいくつもありました。日本では、現場で遠心分離機を使い採蜜しますが、アルゼンチンでは巣箱から蜜の貯まった巣枠だけを取り上げ、自社工場に持ち帰り、蜜ふたを電機カッターで切り、大型の遠心分離機で効率よく蜜を搾ります何と1 回に120 枚(!)もの巣枠から採集します。マウリシオ氏の養蜂場では、400 群(箱)のミツバチを飼育し、年間20 トンものはちみつを採集します。

 契約養蜂場.JPG

<スケールの大きさにたじたじ。延々と並ぶ、養蜂箱>

 

 また驚くほど機械化が進んでおり、大量のはちみつを採集するための対応が充分に施されているとの印象でした。採集されたハチミツは1000 ミクロンの網目で濾過だけを行い、ドラム充填しCIPSA社へ送られます。添加物などは一切ありません。そして養蜂家毎に番号を付けられたドラム缶を、昨日の工程に従って商品にしていくのです。

蜜ふた切器.JPGのサムネール画像のサムネール画像

<大型の蜜箱蓋カッター>

 

親子と.JPG

<親子>

 マウリシオ氏には、後を継ぐ息子さんがいらっしゃいました。今後も親子そろって事業を拡大し、高品質のはちみつを世界中に提供していく計画だそうです。

 地球の裏側、アルゼンチンの養蜂現場は、長い間日本の養蜂だけを観てきた私にとって驚くことばかりでした。知識としては、私も知っていたつもりですが、今回の訪問でそのスケールの大きさの数々を肌で感じました...。尽きることの無い花々等、日本の養蜂家から見ると「パラダイス」と言えるほどの、圧倒的に恵まれた環境の違いがあるのもまた事実ですが、その技術と管理も予想以上に先進的であり、ミツバチに優しく、無駄と無理をさせない養蜂でした。ミツバチからの贈り物は日本、外国に関係なくありがたいものです。

今回、駆け足の三日間とはいえ、生産現場~工場の加工工程まで見学することができ、アルゼンチン産ハチミツの安全性をこの目で確認できました。お客様へ安全と安心をお届けすることが私(山田はちみつ)の努めです。これから日本でもご紹介していく、この"アルゼンチン産はちみつ"。ご期待下さい。

有)山田養蜂場 代表取締役 山田雄一

http://hachimitsu.shop-pro.jp/?pid=27308907

------------------- おまけ画像 -----------------------------------

ブエノスアイレス空港.JPG

<ブエノスアイレス空港>

朝10時着。丁度地球の裏側にある日本との時差は12時間です

ブエノス市内フロリダ通り.JPG

<ブエノスアイレス市内 フロリダ通り>

夜は出店で一杯でした。

 

 

ランチの定番エンパナーダス.JPG

<ランチの定番、エンパナーダス>

餃子のような形をした軽食で、様々な食材を小麦粉で出来た皮で包んだ物を、オーブンで焼いたり、油で揚げたものです。中に、牛肉やチーズが入っています。

 

ステーキ!.JPG

<ステーキ!>
アルゼンチンといえば、こいつは外せないですよね~。

 

マテ茶に挑戦.JPG

<マテ茶に挑戦>

養蜂家のお宅でマテ茶を戴きました。

美味しかった(ちょっと予想以上に味が濃く、ボクとしては出がらしが良かった)

 

店舗紹介

(有)山田養蜂場
(有)山田養蜂場
住 所 つくば市高須賀145
電 話 029-847-7842

コンシェルジュ紹介

龍太郎
龍太郎

美味しいものを求めて、日本全国、世界各国を歩き回ってます。
その土地で「最高の味」に出会うと、本当に幸せな気持ちになりますね。
このブログでは、生産者の『思い』と一緒に『美味しさの秘密』をお届けしたいと思います。

Powerd by SMACON